今日のFX戦略 10月13日(水)リスクオン続く!

この記事は約2分で読めます。

<10/13 FX戦略>リスクオン続く!

ドル円は113円台に急伸しましたね。

アメリカの長期債である10年債利回りは1.6%程度とあまり大きく変わっていないのですが、日本円に対する資源国通貨が全面高となりました。

今日の注目は豪ドル/円です。

豪ドルが急伸している理由は、いくつかありますが、天然ガス上昇が大きいのではないでしょうか?

下のチャートは豪ドル円の日足ですが、90日移動平均線を=81.45円をブレイクしたあと、急伸した豪ドル円はどこまで行くか、次のチャート上のレジスタンスラインがわかりませんねー。

重要なレジスタンスラインをブレイクするとこのように大きく上昇することがありますが、この上昇は売り方が踏み上げられたこと、売り方が負けたのをみて新規の買いが参入してきたことが大きな要因です。

豪ドル円を83.23でそれぞれ60通貨買いました。

一方で日本やアメリカの株価が反落していますが、現在の豪ドル円や米ドル円あまり押し目を形成していませんね。

株価はこの先、アメリカのテーパリングの後の利上げを意識して軟調に推移すると予想します。

アメリカの株価に関しては、遠くない時期に大暴落があってもおかしくないと思います。

天然ガスの供給はロシアがヨーロッパ向けではキーサプライヤーとなりますが、これから冬場にかけてヨーロッパの天然ガスの需要が増大するため、天然ガスの価格はまだ上がるかもしれません。

一方で天然ガスの価格は原油に比べるとかなり高いです。

そうなると、原油の需要が増えていき、これからも原油価格は上昇していくのではないかと思います。

したがって、今日のFX戦略としては、資源国通貨である豪ドルやカナダドルは押し目買いで臨みたいです。

コメント

    タイトルとURLをコピーしました