FXで勝ちたかったら読みなよ! 1月28日(金)ボラティリティ高い 要警戒?!

この記事は約2分で読めます。

1月28日(金) ボラティリティ高い 要警戒?!

ドル円は115.5円まで上昇していますね。

日経平均は暴落し、アメリカの株価も乱高下しており、
非常にボラティリティが高い状況です。

こちらは、日経VIの日足です。

この数値が高くなるとマーケットはリスクオフに
傾いていると判断できます。

直近で、この日経VIが30を超えてきていますので、かなりボラティリティが
高くなっている
ことがもわかります。

逆にこの日経VI指数が35を超えるとクライマックスは近いと判断できます。

この先もしばらくは、株価の暴落や為替の大きな変動に要注意です。

ところで、1/27のFOMCでは、「インフレ率が2%を大きく上回り、
労働市場に力強さが見られる状況で、FF金利の誘導目標レンジ
引き上げが近く適切になると見込んでいる」と表明されましたね。

具体的に3月になるとまでは記さなかったものの、パウエル議長は、
3月会合での利上げをFOMCは意識していると明らかにした上で、
毎回の会合での利上げの可能性を否定しなかったです。

現在、多くのアナリストは3月に0.25ポイント引き上げ、
年内にさらに3回、その後も追加利上げがあると予想しています。

マーケットの予想通りの内容でサプライズはなかったですが、
市場関係者が一番気にしていた利上げのペースについては何もはっきりした
方針は示されませんでした。

ドル円については、これまでもこのブログで指摘してきましたが、
時間分析的に今週は反転しています。

ドル円の日足を見る限り、もうしばらく円安ドル高が続きそうですが、
短期的には115.5円あたりでピークが来るチャートです。

今後はしばらく株も為替も波乱含みの展開が予想されます。

ドル円に関しては、ドル安基調に変わりはないですが、

【今日のFXポジションと戦略】

米ドル/円:しばらく乱高下がありそう。
      115.6越えで売り。
      114.9円で新たにショートポジション取った方は継続。

      116.3円でストップ。

人気ブログランキング

コメント

    タイトルとURLをコピーしました